アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

清川-M

 

□明るい階段室と廊下
母(90)+姉(65)+妹(60)+猫2匹のための、もともと住んでいた住宅の建て替えである。

2階は、南側隣家の屋根からの反射光が強いため、居室と廊下の配置を見直した。南側に廊下を計画し、廊下を介して居室に柔らかな光を取り込むようにした。
1階は敷地の特性上、隣家とのクリアランスが少ないので採光をどのように確保するかが課題だった。
居住者が高齢ということもあり、広く緩い階段が求められた。面積が必要となるので、階段室も一つの部屋としてとらえて、快適な空間となるようにした。
階段室を建物の中心に計画し、2階の廊下から階段室を経由して光を1階に伝えることで、住宅全体が明るくなるようにした。

□温熱環境を良くする
住宅のどこの部分においても温度差が生じないように、基礎蓄熱式輻射床暖房の「BEシステム」を採用した。
深夜電力を利用したヒートポンプを採用し、2階部分へも空気の流れをつくることで、ランニングコストを抑えながら、家全体が暖められる計画とした。

東京都台東区清川/専用住宅/木造2F/建築面積=47.88平米/延床面積=92.65平米/構造=有限会社 サンフォルム設計事務所

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf