アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

東ヶ丘-O

 

接道距離2,069mmから始まる奥に細長い旗竿形状の敷地に建つ、2階建ての木造住宅。
内部は間仕切りが殆どなく、耐力壁も収納の中に収め、大きな空間で広々と生活してもらえるように計画している。隣家が建て込んでいる為、階段上の窓を隣家と隣家の隙間に設け、下階まで明るくなるようにしている。北側斜線で斜めになった天井は、梁を45度に傾けて一続きに連続させることで、空間に広がりを持たせている。階段部分の吹き抜けは、光や空間を繋ぐだけでなく、べた基礎を蓄熱体とした輻射暖房の熱が、上階を暖める為のとても効果的な通り道にもなっている。

東京都目黒区/専用住宅/木造2F/建築面積=49.48平米/延床面積=93.53平米/構造=OUVI/施工=(株)河行工務店

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf