アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

町屋-I

 

各階で異なる印象を持つ2階建ての住宅である。
1階に個室、2階に水回りを中心にLDKを配置し、屋上をすり鉢状のルーフバルコニーとしている。
生活における機能が各階で違うことに加えて、平面的、断面的なスケール操作により、空間の広がりや明るさの違いを創り出すことによって各階の印象が異なる。

荒川区町屋/専用住宅/木造2F+ルーフバルコニー/建築面積=48.20平米/延床面積=83.67平米/構造=(有)吉田一成構造設計室/施工=(株)夢工房

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf