アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

所沢-K

 

袋小路の一番奥にありながら、裏は小学校の校庭が広がるという少し変わった敷地。駐車スペースを確保しつつ限られた面積の中で最大限の広さを確保するために縦長のシンプルな外形を選択。その縦長の建物をさらに縦半分に分けて個室群を片側に集約することでリビングやダイニングを目一杯開放的な場所とした。2階の床が平面的にズレていたり、テラスが中2階にあったり、天井の高さが2mのところや5mのところがあったりと、外見と内観が全く違う印象を持つ住宅となっている。

埼玉県所沢市/専用住宅/木造2F/建築面積=59.94平米/延床面積=91.17平米/構造=吉田一成構造設計室/施工=技拓工房

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf