アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

上野桜木-M

 

共働きの夫婦と小さい子供の家。敷地はもともと大きな土地だったものを小さく分けた分譲地の一つ。三方を囲まれ、間口が小さく細長い土地であり、当初隣地は更地でどういう建物が建つかは不明だったが、将来周囲は建て込み採光がうまくとれないことが予想された。
建物の真ん中を貫いた吹き抜けの上部に、大きなトップライトを設け、全ての部屋に太陽の光が届くようにした。間取りは全員が揃う時間が少ない家族のためにスキップフロアとし、離れていてもお互いの存在を感じられる計画としている。
いつでも見上げれば空が見え、天候、時間により家の中の雰囲気が変わる住宅になった。

東京都台東区/専用住宅/RC造B1F+鉄骨造3F/建築面積=35.82平米/延床面積=120.92平米/構造=fit

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf