アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

四連の家

 

屋根を4分割してつなげたような外観は、大きな住宅を周辺になじませるための形。
しかし内部空間は一体化されており、四連のギザギザ屋根の下は住宅のメインスペースとなる。面積は大きな住宅だが、寸法を少し小さめの設定としているので、親密な空間に感じられる。

東京都足立区/専用住宅/RC造2F/建築面積=258.30平米/延床面積=397.40平米/2006年第8回あたたかな住空間コンペティション東京ガス賞

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf