アーキテクチャー・ラボ

   
 
渋川-K
 
渋川-K_外構工事 2016年05月19日
 

緩いスロープのアプローチをコンクリートで作っています。
クライアントが既存の石を事前に配置してくれています。
さらにお隣さんのご協力もあり、境界塀の上から大工さんが互い違いに箒で模様をつけていきます。
ちなみにお隣さんの地面の高さは、こちら側より60センチ(ブロック3段分)髙いです。

 
 
tanaka
上に戻る
 
渋川-K_大工工事 2016年04月04日
 

建て替え前の客間の壁で使われていた桧の板を再利用しました。年期があるため、撤去した際の反りや傷みなど状態が厳しかったのですが、大工さんが丁寧に張ってくれました。

 
 
tanaka
上に戻る
 
渋川-K_木工事 2016年03月18日
 

渋川-K_木工事
断熱材で包まれました。
基礎を蓄熱した床暖房を採用していますので、水発泡ウレタンを壁と屋根に吹き付けています。
同時に仕上げの色もサンプルを持ち込んで確認及び検討をしていきます。
軒天、破風板、鼻隠し、天井にそれぞれ木材を使っているので、現場の同じ材料を使って着色しています。

 
 
tanaka
上に戻る
 
渋川-K_上棟 2016年02月21日
 

雪の影響で基礎工事が1週間延びてしまいましたが、基礎の蓄熱式床暖房工事も終えて、切り妻屋根の骨格が姿をみせてくれました。
1/30模型を使っての素材の打合せも行い、着々と竣工に向けて進んでいきます。

 
 
tanaka
上に戻る