アーキテクチャー・ラボ

   
 
相模原-S
 
相模原-S@1年点検 2008年06月07日
 

1年点検に行ってきました。大きな不具合もなく無事終了。
------------------------------------------
子供室の照明が新しくなってました。設計時に計画していたものになっていました。Norm69です。
自分で組み上げる照明なのですが、意外と大変らしいです。
天井の高い部屋なのでその大きさが丁度よく感じられました。通常ひものない照明なのですが、ひも付きとしていたなのが不思議と好印象でした。
次にどんな家具が増えているかが楽しみです。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@竣工後約1年 2008年01月28日
 

取材にて半年ぶりくらいにお邪魔してきました。
中庭のデッキも張り終えています。いつお邪魔しても家も家具もきれいにしてくれているので、うれしい限りです。
おいしいおにぎり
ごちそうさまでした。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@竣工後3ヶ月経過 2007年06月25日
 

雑誌の取材で「相模原-S」にお邪魔してきました。建築の専門誌という訳ではなく一般雑誌の取材だったのですが、ポーズの指導?をされていたりしいたのですがクライアントのSさんが徐々に写真慣れをしていく姿が新鮮でした。
建物の方はというと中庭には植栽のシマトネリコも植わったり、家具が増えていたり、ワゴンをDIYをされていたりと徐々にカスタムされはじめていました。コーヒーをごちそうになっていたらつい長居をしてしまいました。Sさんありがとうございました。
中庭にデッキをはる予定なのですが、まだ行っていないので施工後に「今までの仕事」に公開します。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@クリーニング 2007年03月08日
 

クリーニングも終了し、引き渡しを行いました。
外構がまだ残っている部分もあるので残りをしっかりとこなそうと思います。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@足場解体 2007年02月23日
 

足場が解体されて外観の全体が見えるようになりました。
中庭の足場もはずされたので中庭から空がやっと見えるようになって気持ちの良い場所になりました。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@外壁 2007年02月17日
 

外壁の仕上げ工事が始まりました。
外壁材には割れにくい樹脂入りモルタルのホワイトVとしています。リブが外側にあったりとでこぼこがあるので目地のでない左官としました。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@塗装 2007年02月03日
 

塗装が始まりました。
階段は踏み板は木肌を生かしてクリア塗装のみ、ささら・けこみ板は白のつやありで軽く見せています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@ポスト 2007年01月28日
 

外壁に直接ポスト口を取り付けています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@階段 2007年01月23日
 

階段が施工されました。現在はすべて木の色ですが、部分的に色を付けようと思っています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@大型サッシ 2007年01月17日
 

ようやく1F2Fにまたがる南側の大窓のサッシが施工されました。
大きなサッシだったので4人がかりで施工しました。職人さんお疲れ様でした。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@天井仕上げ 2007年01月11日
 

1Fの天井も施工されました。
1Fの天井は2Fと同じ仕上げにしているので天井にフローリングとなっています。ところどころフローリング幅で彫り込みをつくり照明ボックスとしています。
これから仕上げがどんどんはじまり全貌が見えてきます。骨組みの状態も好きですが、仕上げが始まるとまた印象が変わります。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@断熱材 2006年12月23日
 

内部の断熱材・天井ボードが施工されました。
断熱材がまだ見えているのでかなりもこもこの壁です。この壁ももうすぐ天井のようにボードが貼られます。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@防水シート 2006年12月11日
 

外壁の防水シートと胴縁の施工が完了しました。だいぶ全体の骨格ができあがり1階と2階をまたぐようにある窓もわかるようになりました。窓の途中に床が見えてくるのでまだ2つの窓に分かれそうに見えますが、1つのサッシでつくります。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@窓台・まぐさ 2006年12月05日
 

サッシをとりつけるための窓台・まぐさが施工されました。これでどこが開口部になるかわかるようになり、だいぶ全体像がわかるようになってきました。リブ側に同じ形の窓が連続することで視界の開ける開口部となっています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@屋根下地 2006年11月29日
 

屋根下地が貼られ屋根に上がれるようになりました。
まわりは住宅街なので背の高い建物もなく視界が開けて気持ちのよい風景でした。改めて住宅街を屋根から見てみるとテレビアンテナが乱立していてなんか不思議でした。
この住宅は陸屋根でアンテナもつかないのですっきりした屋根です。中庭があるので上から見たらちょっと変な形の屋根に見えるかもしれません。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@サッシ検討 2006年11月21日
 

現場にてサッシの細かな寸法等打ち合わせをしてきました。
模型で検討したものと現場を見比べ、細かな位置・寸法を決めていきます。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@上棟 2006年11月19日
 

先日、上棟しました。
1日のうちに一気に立ち上がるので建て方は壮観でした。
2階はスキップフロアとなっているところで大工さんがお昼ご飯中でした。ご苦労さまです。

上棟後にはクライアントにお食事やお酒を振る舞っていただきました。ごちそうさまでした。現場で飲むお酒はなかなかいいものでした。クライアントSさんおめでとうございました。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@土台 2006年11月17日
 

大工さんが土台を加工しているところです。
近日中に上棟を迎えます。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@基礎リブ部分 2006年11月13日
 

基礎のリブ部分を打設しました。
この住宅では通常だと室内側にでてくる耐力壁を室外へ出しています。そのため外壁にはリブ状に凹凸が4本でてきます。室内側は耐力壁がなく広く使えるようになっています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@基礎立ち上がり 2006年10月31日
 

基礎の立ち上がりのコンクリートを打ちました。1Fの床面が地盤面よりも30cm低くなっているので立ち上がりが60cmと通常よりも高くなっています。
写真はコンクリートを撹拌しているところです。撹拌することで気泡等が抜けて強度が増します。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@基礎配筋・型枠 2006年10月26日
 

基礎の配筋が施工完了し、基礎型枠施工中です。1Fの床はベタ基礎をそのまま床としているので、コンセントの配管類はすべて基礎の中に打ち込んでいます。この住宅はほとんど間仕切り壁がないので、床配筋がきれいに見えています。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@根切り 2006年10月19日
 

根切りという基礎をつくるための、土の掘削作業です。以前にすでにほとんどの土をユンボで掘削していたため職人さんが手作業で進めています。しばらく好天気のようなので一安心です。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@遣り方 2006年10月14日
 

土の鋤取りを行い。遣り方という建物の位置・高さを決める工程が始まりました。来週には基礎工事が始まります。これからだんだんと建物の形が出来ていくのが楽しみです。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@地鎮祭 2006年09月24日
 

好天の元で地鎮祭が無事執り行われました。
工事の第一歩です。これから気持ちもより一層引き締まります。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@工事契約 2006年09月18日
 

見積調整が終わり、無事にクライアントと工務店さんが工事契約を結ぶことができました。
色・素材等を検討をするために1/30の模型をつくりました。細かな点を修正しながら工事がスタートします。
クライアント、工務店さんよろしくお願いします。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@地盤調査 2006年06月19日
 

計画敷地の地盤調査を行いました。
スウェーデン式サウンディングという方式の地盤調査方法です。
写真はロッドという鉄の棒を地面にさしていっているところです。

 
 
ishikawa
上に戻る
 
相模原-S@基本設計終了 2006年03月29日
 

相模原に計画中の延べ床24坪の住宅です。
室内には構造壁を作らずにに外壁側に出すことで、大きなワンルーム空間をつくり、そのシンプルなボックスを中にレベル差のある床を挿入することで空間をつくっています。
基本設計が終了し、実施設計に入るのでこれから床・壁・天井等の素材や設備・照明等を決めていきます。

 
 
ishikawa
上に戻る