アーキテクチャー・ラボ

   
 
旭-I
 
旭-I 竣工しました4 2007年08月08日
 

 写真はプライベートなスペースの1つです。床材の柄はクライアントのお子さんが決めました。リビングやダイニング、通路が白と黒のわりとシックな柄で構成しているのに対し、個人の部屋の柄がインパクトのある仕上げ材にした事でより際立って見えます。

 
 
AL
上に戻る
 
旭-I 竣工しました3 2007年08月08日
 

 建物が長い分だけ通路も長くなります。洗面器を置いた所は幅広の通路とし、クローゼットなど服を出し入れするところは狭い通路とすることで、凹凸のある通路ができました。それに合わせてシナ合板に黒の着色をした壁面、家具で囲まれた部屋の形が平べったくなったり、真四角になったりします。
 写真の一番奥の白い壁から、撮っている位置までは約14m程です。

 
 
AL
上に戻る
 
旭-I 竣工しました2 2007年08月08日
 

 東西方向に奥行きのあるこの建物は、各部屋南側に開口を取ることができるので、朝から夕方まで光がさんさんと入ってくる状態です。あまり直射日光が入りすぎても暑いので建物四周1mの軒を出しています。
 写真はリビングから窓越しに南側の庭を見ています。

 
 
AL
上に戻る
 
旭-I 竣工しました1 2007年08月08日
 

 千葉県の旭に建てた木造平屋建ての家が先月完成しました。この家の特徴は敷地の長さです。間口12m、奥行き37mの敷地に対して、間口5.4m、奥行き25.2mの建物を建てました。

 
 
AL
上に戻る
 
旭-I 内壁 2007年06月01日
 

 写真はダイニングからリビングの方を見たものです。左手前の壁はキッチンの壁です。玄関(右手前)を入って目の前がキッチンになっているので、壁で囲う事でキッチンカウンターが見えないようになっています。ただ、ダイニングやリビングの様子、玄関から入ってきた人などがわかるようにするため、開口を開けています。一見すると会社の受付のようにも見えるのがちょっと面白いところです。

 
 
AL
上に戻る
 
旭-I 外観 2007年06月01日
 

 外壁材はガルバリウム鋼板の縦波を使用しています。写真は北側の外観で、長さが25m(屋根は27m)あります。

 
 
AL
上に戻る
 
3回目のプレゼンが終わりました 2005年07月17日
 

 3回目のプレゼンも終わり、建物の形状が固まってきました。 
 屋根の形状のについては、時期早々に方向性が決まり、内部に関しては透明/半透明/不透明という外壁に、くっついたり、離れていたりして配置しています。プライベートスペースを繋ぐ通路はリビングから距離が離れるにつれて幅がだんだん細くなり(最小900mm)、又部屋自体はリビングに近いところから離れるにつれて壁の量が減り、建具の量が増えることで、閉じたり開いたりできる部分の選択肢が増えてじょじょに部屋と通路が一体となっていくプランです。 
 全体としては一連の諸スペースを覆う外壁(その周りに縁側)があり、それらを床と屋根(それぞれ800mm程の厚み)で挟み込むという考えで計画を進行しています。

 
 
AL
上に戻る