アーキテクチャー・ラボ

   
       
 
  ニュース・掲載雑誌紹介
   
カテゴリ
     
アーカイブ
     
2015年10月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
   

2015年10月

 
(続)買った土地から埋設物が見つかる可能性がある 2015年10月06日
 

どんなものが出てくるのか、
実際の例をみてみよう!

埋まっているものとしては、瓦やコンクリート破片(ガラ)等の人為的に作られたもの・大きな岩や石。希なケースでいえば、地中から医療廃棄物が見つかった場合も特別な処理が必要になりますので、工事の妨げになります。

また、地下に水脈が通っている場合、土をいじっている間に湧水を発生させてしまう場合があります。今後の工事を円滑に進めるために、排水の経路を確保しなくてはなりませんね。

加えて、見つかる確立は大きく下がりますが、不発弾や人骨が見つかるパターンも無きにしも非ずです。歴史的に価値がある土器等が出てきた場合、長期的に工事がストップし、貴方のお住まいが建つはずであった地は、発掘現場になるなんてことも...。
こればかりは掘ってみないことには何とも言えませんので、何事もなく終わることを祈るのみです。

不測の事態に備え
しっかりと事前確認を

工事の妨げになる埋設物が見つかった場合、通常工事費用に加えて別途工事・処理費用が必要になる場合がほとんどです。

多くの場合、10万円以下の追加費用で住むことがほとんどですが、ただでさえ出費の多い時には、痛い出費ですよね...。

「もしも地中から工事の妨げになるような埋設物が出てきたらどうなりますか?」と、
解体業者等に事前に確認しておくことをオススメいたします。

 
 
AL 上に戻る
 
買った土地から埋設物が見つかる可能性がある 2015年10月06日
 

地中には、さまざまな物が埋まっています。

例えば、ガス管や水道管等我々が生活するうえで必要な管が埋まっていることは、みなさんもご存知でしょう。地域によっては、電線が地中に埋まっているところもあります。

我々の目に馴染みすぎている電線ですが、
風景の中から消えると景観が一挙にスッキリするので、「景観をよくしたい」と思っている地域で特に用いられています。
関東ですと、埼玉県の川越市が有名ですので、是非蔵造りの街並みと合わせて電線の有無に注目していただきたいです。

地中の埋設物は
"良いもの"ばかりではない

上記にあげた地中埋設物が、我々の生活を支えてくれる良いものだとしたら、実は地中には悪いもの=工事の妨げになるものが埋まっている場合もあります。

「そんなもの、私たちが買おうとしている土地に限ってまさか~。」と思っていらっしゃる方。
工事の妨げになる地中の埋設物は、約5%の確率で見つかると言われています。

この続きは、また次回。

 
 
AL 上に戻る