アーキテクチャー・ラボ

   
       
 
  ニュース・掲載雑誌紹介
   
カテゴリ
     
アーカイブ
     
2016年05月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   

2016年5月

 
お悩み解決の救世主? 旗竿地とは 2016年05月30日
 

都心部を中心に、その存在が増えつつある旗竿地(はたざおち)。
書いて字の如く、敷地を空から見たときに旗と竿の形状をしていることから、このような名前をしています。前面道路に接している面積は狭く、建物を建てることが可能な敷地まで距離があるのが特徴です。

貴方の悩みを解決してくれるかも?
「土地(敷地)にあまりお金をかけたくない、だけれども立地がよくて便利なところに住みたい。」「上モノ(建物本体)に割けるお金を、少しでも多く残しておきたい。」

「あれ?これ私のことかな?」と思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。敷地探しをしているとき、誰しもが一度は直面する問題であり、ぶつかりがちな悩みです。

旗竿地を探してみよう
そんな時に、敷地探しの中に入れていただきたいのが旗竿地なのです。敷地の広さはそのままに、単価が下がっていることも多々。旗竿地から順に売れていく地域があるほどです。車の置き場に困ったり、採光の取り方など悩める点も多々ある敷地であることも有りますが、工夫次第でいくらでも化ける土地です。


ラボが手がけました、旗竿地の案件は
ラボHP>今までの仕事>専用住宅へと進んでいただき、
港北-K東ヶ丘-O上池台-Hを図面とともにご覧いただけます。是非ご一読ください。

 
 
AL 上に戻る
 
減築リフォームってご存知ですか? vol.2 2016年05月15日
 

現状の部屋が、より良くなる?
減築を行うことで、以前日当たりが悪かった場所・空気循環がよくなかった場所の状態を変えてあげることができるようになります。今まで壁だった場所に、窓をつけては如何でしょう?隣の部屋とつなげて、大空間にしてしまうのもありですね。窓から外の景色が見えるかどうかだけで、空間の雰囲気はかなり変わってきます。今まで見えなかった景色が、あなたを癒してくれるかもしれません。

減築した分、掃除(加えてメンテナンス)をする箇所が減るので、1部屋に対して割くことのできるお金や時間を増やせるのもメリットですね。老後のことを考えて、バリアフリー対策にお金を費やしてみるも良し。「居心地が良くなった部屋用に、もう少し良い寝具を買おうかなぁ。」なんて嬉しい悩みを、楽しんでみるのもありです♪

減築=建物の減量
大きな減築ですと、2階をとっぱらってしまい平屋に作り変えてしまうものもあります。その場合、1階にかかる荷重は大幅に減少。建物の減量が成功するので、耐震性能的にはとても有利なのです。効果のほどは、耐震診断によって確認することが可能です。地域によっては、市区町村から助成金が出るところも。


上階をなくしたぶん、天窓をつけてみては如何でしょう?今までの部屋の雰囲気が大きく変わりますよ。

 
 
AL 上に戻る