アーキテクチャー・ラボ

   
       
 
  ニュース・掲載雑誌紹介
   
カテゴリ
     
アーカイブ
     
2017年01月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
   

2017年1月

 
まちをよーく見てみよう! vol.4 2017年01月31日
 

2016年08月15日に投稿した『まちをよーく見てみよう! vol.2』では、歩行者天国になっている際の信号機の様子についてお話しました。今回は、年末年始に、上野の路地裏で見つけた工事中の歩行者用信号機の様子です。

一目で分かる通常時との違い
写真では少しわかりにくいですが、歩行者用信号機が"工事中"と書かれた黄色い袋にスッポリと包まれています。

車両用も歩行者用も、工事中は信号機が機能しなくなりますが、工事をしている人や交通整理をしているガードマンがそばにいないと「あれ?この信号機は点いてないけど故障なのかな?」と思ってしまいますよね。また信号機が通常と異なる状態にあることを、一目で分かるようにしておくことは事故を防止するためにも極めて重要です。

 
 
AL 上に戻る
 
「アトリエ M(中台シェアハウス)」が掲載されました 2017年01月28日
 

『LiVES』vol.91(第一プログレス)の「ライヴズ不動産」というコーナーに掲載されました。シェアハウスの入居者も引き続き募集中です。

 
 
AL 上に戻る
 
由来を理解することでより大切に思う 2017年01月15日
 

今日で小正月も終わりです、皆さん素敵な年明けになりましたか?コラムでは今年もさまざまな視点から情報を発信して参りたいと思っております!どうぞお付き合い下さいませ、よろしくお願いいたします。

正月の門飾りに門松を飾られた方も多いのではないでしょうか?
門松は正月飾りの中でも最も重要という説があるほど、重要度の高いものです。
お節料理・・・年神様をお迎えするために作るもの
門松  ・・・年神様をお迎えする際、家の目印の役割を果たすもの

古き良きを大切に
最近では、処分する際に細かく分別する手間がかかることも要因の1つか、玄関先に門松を飾るご家庭がめっきり減ってしまったように感じます。規模が小さくなったり、形が変化することは仕方ありませんが、物の由来を理解し・昔ながらを大切にしていきたいところです。

 
 
AL 上に戻る